給水方式を変更するための知識について教えます

給水方式を変更するための知識について教えます

給水方式はいくつかあり、水槽方式や直結方式に区分されます。それぞれの方式にはメリットやデメリットがあり、業者に依頼することで変更することが可能です。例えば直結の場合、定期清掃が不要になり給水管から引き込んだ安全な水道水を蛇口まで運ぶことができます。一部の自治体では給水の変更工事に関して、必要な費用の負担を請け負っているケースもあるので、地域によってはいろいろな条件が変わることもあるでしょう。建物の違いによってどの方式が合っているのか異なることもあるので、業者に相談することをおすすめします。建物や設備などの老朽化に伴って給水方法も見直すことから、安全・安心な水が供給されるようになりおいしい水をいつでも飲むことが可能です。災害時にも利用することができるものもあるので便利です。

必要な場所に給水することができます

水槽方式にはいくつか種類があり、加圧給水方式の場合は高架水槽や圧力タンクなどを省略し受水槽を水源にして、ポンプから直接必要な場所に給水する方法です。方法には定速モーターでポンプ運転する定速方式や、変速モーターでポンプ運転する変速方式などがあります。いずれの方式も吐出管の圧力や使用負荷給水量などの変化に応じて、給水量を制御することが可能です。メリットとして高置水槽方式と比べると水槽が受水槽だけになり、そのため貯水されている時間が短くなるので衛生的と言えるでしょう。停電や故障などによってポンプが作動しなくなったら、緊急災害用採水口があると受水槽の水を使用することができるので便利です。デメリットとして停電や故障などによってポンプが作動しなくなる場合、すぐに水が利用できなくなります。

停電時において給水することができます

直結方式には直結直圧方式があり、これは配水管からの圧力を使って給水する方法です。建物の規模やエリアによって、この方法が可能かどうか異なります。いろいろなメリットがあり、停電時も給水することができたり、水槽に貯水しないので衛生的な状態を維持することが可能です。水槽などの設備を設置する場所が不要になり、敷地を有効的に利用することができるでしょう。水槽やポンプなどの設備が不要なので、定期的な点検やメンテナンスが不要です。その分のコストや電気代なども要りません。デメリットとして本管から給水がストップされると、水を使用できなくなるので注意が必要です。低層の建物でないと採用できない特徴があり、地域によって異なりますが3階ぐらいになるでしょう。給水方式を変更するかどうかは業者に相談すると、最適な方法をアドバイスしてくれます。