給水方式を変更することで得られるメリットはこれ

給水方式を変更することで得られるメリットはこれ

皆様は、自身が住んでいる、もしくは職場などの給水方式について気にしたことはあるでしょうか。その方式は、大まかに分けて水道直結と受水槽方式に分けられます。その中でも水道直結の場合は直圧直結と増圧直結方式が、受水槽を利用する場合には高置水槽と加圧給水の計4パターンが存在します。これらの4つにはそれぞれのメリットがあり、建物の構造や状況などによっては、現在の方式から変更することでより過ごしやすい環境を手に入れられる可能性があります。自身の建物の給水方式がどのようになっているかを確認し、それよりもその建物に合っているものがあれば、変更するという選択肢もあります。自身の建物やそれぞれの方式などについての知識を深め、建物に適したタイプのものを導入しましょう。

水道直結タイプの2つのメリットとは

まず、水道を利用するタイプの2つの特徴です。直圧直結方式は、上水道の本管から直接給水する方式になります。上水道本管の圧力のみで水を送る仕組みとなっているため、あまり高層の建物で利用されることは無く、主に3階建て以下の建築物に導入されることが多い方式です。増圧直結方式は上水道本管に加え、増圧給水ブースターポンプで加圧して水を送る方法で、中低層の建築物などで導入されます。直結直圧方式のメリットは、災害などで断水が起きてしまっても、給水が可能であるという点です。また、衛生面での心配が少ないという点もメリットと言えます。増圧直結方式は、給水圧力がほぼ一定に保てるという点が大きなメリットです。他にも、停電時にも上水道本管の圧力の範囲内なら給水が出来ます。

受水槽方式の特徴と変更する際のメリット

次に、受水槽方式の2つのものの特徴です。高置水槽方式は、受水槽に貯められた水を、揚水ポンプで建物の屋上部などに設置された高置水槽まで運び、重力の力を利用して、建物内に水を提供する仕組みの物です。もう1つの加圧給水方式は、受水槽に貯めた水を、加圧ポンプを利用して、その圧力で建物内に給水をするという方式になります。高置水槽方式には、断水時・停電時にも高置水槽に貯まっている水があれば給水が出来るという緊急時に強いという特徴があります。給水圧力が比較的安定しているという点もメリットの1つと言えます。加圧給水の場合のメリットは、加圧ポンプを利用しているため、給水圧力が極めて安定しているという点が挙げられます。また、断水時にも受水槽の水は利用出来るというメリットもあります。