収益不動産の情報

収益不動産をお探しの方へ

トップ / 収益不動産をお探しの方へ

築年数に関係ない収益不動産

木造建築の一戸建ては、築年数が30年を越えてしまうと、一般的には資産価値が失われてしまい、売却しようとすると土地価格のみになりがちです。メンテナンスを行い続けて、賃貸住宅として活用すれば、収益不動産にできます。築年数に関係なく、入居者がいれば賃料や更新料が入ります。メンテナンスはコストが掛かりますが、安定した賃料が入ればリフォーム費用を捻出できるようになり、資産価値が失われるどころか収益不動産として役立ちます。

不動産の税金に関する情報