不動産の上手な取引

不動産を賢く売買する

トップ

不動産のお得な割引情報

不動産を上手く活用するには、割引のタイミングを賢く活用するというのも重要ポイントになってきます。実家などの長年所有していたような物件を売却したい方に、業者などのマンション査定サービスが注目されてきております。身近にある不動産は大切な財産でもあるため大切にしたい方も多く、より信頼性の高い業者に任せることが重要になっております。できるだけ良い条件で売却したいという場合には、全国的に普及してきている査定のサービスを利用するべきでしょう。こうした有益な情報チェックをすることで、大まかな目安も知ることが出来ますので、一層効率的な売却手続きに繋がります。

3000万円特別控除

自分が居住している不動産を譲渡した際、利益が出ると税金がかかります。しかし、合計で3000万円までの譲渡益には税金がかからないという税金の軽減措置があります。これが、3000万円の特別控除です。譲渡所得には、長期譲渡所得(所有期間5年超のもの)と短期譲渡所得(所有期間5年以下のもの)があります。たとえば、長期所有の土地と短期所有の家屋を譲渡し、短期譲渡所得が200万円、長期譲渡所得が3700万円だった場合、まずは税率の重い短期譲渡所得の200万円から控除します。そうすると、3000万円−200万円で2800万円の控除枠が残りますので、この枠の残額を長期譲渡所得の3700万円から差し引くと、不動産の課税の対象となる金額は3700万円−2800万円=900万円と計算できます。

不動産の税金に関する情報