自宅での給水方式を変更する際の注意点

自宅での給水方式を変更する際の注意点

水は毎日の生活に欠かせないものですが、老朽化した給水設備では衛生面や設備の保守点検などの問題があり、必要に応じて給水設備を交換する必要があります。現在は水道水を貯水槽に溜めて給水を行う「貯水槽方式」と、配水管と各家庭の水道設備を直接接続する「直結給水」の2通りの給水設備が主流で、それぞれメリットとデメリットがありますが給水方式を変更する場合は貯水槽方式から直結給水に変えることが一般的で、その逆のケースはありません。直接給水は水の貯留がないため安全で衛生的な水が供給できることや、水質が安定していること、貯水槽の管理が不要などの特徴があるため採用するマンションなどが増えていますが、いくつかの注意点もありますので事前に把握しておくことが大切です。

災害などの発生時には即時断水の影響を受ける

貯水槽方式は最上階に貯水槽を設置し水を溜めておくため、その水が亡くなるまでは災害や水道工事などによる断水が発生しても水を利用することができましたが、直接給水に給水方式を変更すると災害などで断水になった場合はその影響が出てしまうため、水を使うことができなくなります。キッチンや洗面所、浴室などはもちろんですが意外と気づかないのがトイレで、常に断水に備えてペットボトルなどで水を貯えておく必要が出てきます。また、記憶に新しい東日本大震災の発生時には即時断水となり多くの人々が給水車からの水の配給を受けていましたが、高層マンションに住んでいる人々は1階までの往復が大変だったとの後日談がありました。高層になればなるほど、もしものときのために水を貯えておくことが大切です。

渇水による減圧給水時には水の出に影響する

水を溜める施設にはダムや調節池、堰などの水資源開発施設があり、中でも私たちの日常生活に大きな役割を果たしているのがダムです。ダムは溜めることができる貯水容量に対する現在の貯水量により貯水率が分かりますが、洪水調節と利水の2つの目的に対応するため、季節によって貯水率が異なります。特に洪水に備えて貯水率を低くするのが夏季ですが、近年は夏季における降雨量の少なさから貯水量が枯渇してしまうことが多く、渇水調整で一般家庭への給水量が調整され減圧給水になる場合があります。減圧給水になると水の出が少なくなったり水が濁ることがあるため、日常生活に直接影響を及ぼします。直接給水に給水方式を変更することによって、このようなことが起こる可能性があるため、あらかじめ水を貯えておくなどの注意が必要となります。

水漏れ詰まりなどの水まわりのトラブルはもちろん、住まいのトラブルに24時間365日受付対応しています。 民間はもちろん。目黒区をはじめ、文部科学省(東京工業大学・東北大学)などの官公庁の工事実績多数あり。マンション・店舗・保育園・老健施設など、新築・改修工事実績があります。 水漏れなど、水のトラブルやエアコン・換気扇の不具合など緊急トラブルに24時間修理対応しています。 給水方式の変更は積水工業株式会社にお任せください